都道府県別ランキングについて

都道府県別ランキングについて

コロナ禍の影響で県外など旅行等観光地に行く事が難しい時期が続いていますが、皆さんは旅行など、知らない観光地に行く時はどういう風に計画を立てて行く事が多いですか?
私が旅行に行く際は、「〇〇県」とか「〇〇温泉」とか、おおまかに興味がある場所について調べた上で、その周辺の観光地の口コミ、ランキングなどを調べて計画を立てていく事が多いです。

今回は、愛媛県に関する「都道府県の魅力ランキング」、そして、140年以上前の「都道府県の人口ランキング」についての小ネタ、私見になります。

まずは、いわゆる「都道府県の魅力度ランキング」についてです。

民間の調査会社「ブランド総合研究所」がいわゆる「都道府県の魅力度ランキング」を公表したところ、魅力度下位であった群馬県の山本一太知事の様々なご発言がニュースとなり、良い話題喚起となりました。
(ちなみに2021年の都道府県の魅力度ランキングの中で、愛媛県のランキングは47都道府県中32位と微妙な位置でした。)
個人的に、この種のランキングは質問方法等諸々の要素で数値が変わりうるものであるので、短期的に一喜一憂する程のものでは無く、地方に対して思いを巡らせる一つの話題喚起のネタとして捉えていれば良いと思っています。

次に、100年以上前の「都道府県の人口ランキング」についてです。

先日ちょっとした気分転換も兼ねて、本屋に立ち寄ったところ、統計データ等に関する面白い本を見つけました。
学生時に見かけた事がある大昔の統計データで、個人的に面白いなと感じていた箇所について言及されていたので、思わずその本を手に取りました。

浅井建爾(2021)『 教養としての日本地理 』 エクスナレッジ社

皆さんなかなか普段意識しない事かもしれませんが、愛媛県の人口は、日本の都道府県別のランキングだとどのあたりの位置取りになるか想像できますでしょうか?

令和2年時点の愛媛県の人口はおおよそ130万人台となっており、「都道府県別の人口ランキング」だと47都道府県中28位という、おおよそまん中あたりの位置付けでした。

ここでもう一つ質問です。今から140年以上も前、1880年の愛媛県の都道府県別人口ランキングはどのような位置付けだったのでしょうか?

驚くなかれ、140年以上前の愛媛の人口は令和2年時点よりも多い140万人以上となっており、都道府県別のランキングでも上位の3位に入っているんです。
これには、現在の47ある都道府県の行政区分では無かったという事情もありますが、昔の愛媛は全国から見ても多くの人口を抱えていたという史実としての統計資料が残っています。
他にも上記の本には面白い情報・データなどについて言及しており、ちょっとした話の小ネタになるかと思いますので、実際に手にとって読んでみては如何でしょうか。
それにしても、データの推移を目にするにつれ、四国四県は色々と勿体ないなと思ったりもします。

水野玄太郎

ページトップボタン

お得情報

ご相談窓口

プロフィール
お得情報・報告
ご相談窓口