11/12 辻立ちをする意味について(小雨からくもり)

11/12 辻立ちをする意味について(小雨からくもり)

今朝は小雨が降っていましたが、段々天候は回復していきました。
雨が続いていた為、新しい水色のジャンパーをお見せする機会が無かったのですが、この色のジャンパーが良いかなと思っているところです。

辻立ち(いわゆる演説)をする意味について、もちろん様々ありますが、自分は主に3つの意味を考えております。
・1つ目は、「本来ならば対面でお会い出来ていたはずの方にも、姿を見せられたらという思いから。」
コロナ情勢もあって、様々な会合や集まりがストップし、本来であればお会い出来ていた方、お会いしたい方、連絡を取りたい方など沢山いますが、思うように動く事が難しい状況です。
そのような状況もあり、何らかの形で人目に触れる機会を作れたらと思い、辻立ちをしております。

・2つ目は、「本格的に動く前に、用意すべき物や事など、試行錯誤が出来るから。」
どんな事でも共通して言える事だと思いますが、やはり実際にやってみて、失敗して、色々な課題が見えてきたりするものだと思います。
演説にしても、仕事上のプレゼンと同様におおよその原稿のようなものは準備していたりしますが、単に原稿内容を覚えているだけでは、どうしても一方的なものになってしまいます。
演説が一方的なものにならず、人に聞いて頂きやすくするにはどうしたら良いか、日々模索しているところです。

・3つ目は、「自分の自信に繋げられるから。」
スポーツ、勉強など実体験でも感じてきたので、同様の事が言えると思いますが、今後どのような結果になるにしろ、自分は日々〇〇をやってきたという事実は自分の自信にも繋がるように思います。心と体がしっかり健康な状態で日々いられるよう、体調管理などには気を付けていきたいと思います。

ミズノ玄太郎

ページトップボタン

お得情報

ご相談窓口

プロフィール
お得情報・報告
ご相談窓口