11/28 地域猫活動とTNR(晴れ)

11/28 地域猫活動とTNR(晴れ)

今朝も変わらず辻立ち(演説)をしていました。

日中はご招待頂いた「猫の譲渡会」に参加しました。画像はネコのポーズです 笑
愛媛県は、飼い主のいない猫問題の解決を目的とした「愛媛県地域猫活動ガイドライン」というものを策定しています。
現在私は市街地付近に住んでおりますが、マンションの駐輪場やら、道端に飼い主のいない猫が住み着いていて、猫の糞尿などによる生活環境悪化のクレームが出ている事を見聞きする事があり、身近な問題として捉えています。

そのような飼い主のいない猫に対して、餌やりやトイレなど、ルールによって管理し、不妊去勢手術を実施してこれ以上増やさず天寿を全うさせ、数を減らしていく活動を「地域猫活動」と呼ぶそうです。
松山市では、その地域猫活動を進めていく為、TNR(Trap・Neuter・Return)つまり、猫を捕獲(Trap)し、不妊去勢手術(Neuter)を行い、元いた場所に戻す(Return)事に対して補助の為の予算を設けています。

そのような地域猫活動に関する補助制度はあると言っても、予算は限られており、地域で負担するのにも限界がある為、オリジナルグッズの販売や募金によって地域猫活動を進める為の運営費を確保しているとの事でした。
このような地域猫活動を含め、世の中には身近な問題を解決する為に、頭を使って資金を確保して、あくまでボランティアで運営をしている団体が数多くあるようです。
今後様々な活動を進める中で、個々の人の思いや情熱に触れていきたいと思います。

ミズノ玄太郎

ページトップボタン

お得情報

ご相談窓口

プロフィール
お得情報・報告
ご相談窓口