2/19 橋の歴史(雨)

2/19 橋の歴史(雨)

今日は久しぶりに午前中から雨でしたので、めいいっぱい歩きまわりました。

晩は神社の神事などにも参加しましたが、松山市を流れる石手川と石手川周辺に立地する神社には深い関係性があるようで、時間を見つけては少しずつ地域の歴史文書を読み進めているところです。
事務所周辺の地域には、湯渡橋、新立橋、永木橋、中村橋、立花橋、末広橋、そして伊予鉄道の石手川鉄橋など多くの橋が架かっています。
伊予鉄道の石手川鉄橋は1891年(明治24年)竣工の記録が残っており、橋の歴史一つでも紐解いていくと、松山の経済発展、災害の歴史に繋がってきます。
松山市に架かる数多くの橋を将来的に維持していく為にも、各種定期点検についてはAIなどを活用して省力化出来る領域を少しずつ増やす努力をしていく必要があるように思います。

ミズノ玄太郎

ページトップボタン

お得情報

ご相談窓口

プロフィール
お得情報・報告
ご相談窓口